米国製コーンパウダーについて

アメリカのどこで栽培?

米国産のスーパースイートコーンはオレゴン州とワシントン州で栽培されています。オレゴン州の畑は北海道そっくりの畑。アメリカ全土で住みたい街No.1に2年連続で選ばれたポートランドの隣のフォレストグローブにあります。ワシントン州の畑はとても特徴的。直径が800mもある円形の畑です。びっくりなのはそれだけではありません。ワシントン州はコーンの栽培に必要な太陽がいっぱい。夏季は抜群の晴天率を誇ります。一方で雨が少ないのも事実。そこで活躍するのが灌漑(かんがい)設備。その水まきの光景は圧巻です。

 

 

 

 

オレゴン/ワシントン州は北米大陸の北西に位置し、緯度で言えば北海道の稚内とほぼ同じですが夏は連日30度を超えます。

 

 

ワシントン州の畑の航空写真

 

 

センターピボット式と呼ばれるかんがい装置。半径400mの自走式散水菅がコーンに水をまきます。

 

 

オレゴン州の畑は四角形。北海道ととてもよく似た田園風景が特徴です。

 

製造会社は?

製造しているのはNew Season Foods社。クノール食品鰍ニクノールトレーディング鰍ェ株主になっている関係会社です。

 

管理状態は?

 

管理レベルは日本国内と全く同じ。厳格な栽培管理と行程管理が行われています。実は北海道産とはコーン品種が違いますが、これは北海道と米国の微妙な気象条件の差や農地/土質の違いにより、それどれ最適な品種を選定しているため。30年を超える栽培経験があるからこそ出来る管理です。

 

関連ページ

当社素材の用途

原料へのこだわり 製品紹介 企業情報 採用情報 English